読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷めてるふりして盲目に

そうさ 僕らの明日にキス!

ジャニオタ的悩み。

日常
最近、よく家の階段で転けるんですよ。
後ろにガッて。
結構階段が高いんで、下手したら死ぬわけですよ。
その一瞬で私の脳内に過ぎったこと。
「ヤバい、現場いけなくなる」

もうふざけてるでしょ?仮にも私中3女子なんですよ。まだ未経験の事がたくさんあって、恋愛だって遊びだってたくさんしたい。のに、これ。

普通こういう時に出てくるのって、「死にたくない」であったり、「怖い」だと思うんですよ。そこで『現場』って単語が私の脳内を過ぎること自体が異常だと実感してます。

仮にもね、受験生ですよ。金曜には私立入試があるし、公立入試は3月だけど今右手を怪我したら勉強ができなくてピンチになる。受験が終わったら部活の仲間とディズニーに行く約束があるのに。

今私の脳内の厚切りジェイソンが、why jyaniota?!って叫んでます。しかもこの後、「でも光一くんみたいに落ちたら怪我しないんじゃない?」とか考え始めた自分をぶん殴りたいです。
光一くんはあれは死ぬほど稽古して死んでないだけであって!私みたいなデブが1発でできるものじゃないの!なのにそこで『その時が来たら、分かってるな?』とか言って1人でツボってた自分なんなの?!って数時間前の自分メッタメタにしたい。ガキ使のタイキックしたい。

ジャニオタだからの悩みなのか、ただ自分がアホなのか...。はぁ...。